ウェブサイトのパフォーマンス改善やSEO強化にも有効な画像圧縮とリサイズを同時に行えるWordpressプラグイン、「WP Smush – 画像最適化」が便利だったのでご紹介します。

この「WP Smush」は、画像ファイルの圧縮とリサイズを同時に行うことができるWordpressプラグインです。画像圧縮であればEWWW Image Optimizer、リサイズであればResize Image After Uploadなどがよく使われますが、「WP Smush」は、その二つの機能を併せ持ったプラグインです。

WP Smushをインストールする

上記のリンクからプラグインをダウンロードしてFTPでアップロードするか、Wordpress管理画面のプラグインの新規追加から「WP Smush – 画像最適化」を検索してインストールしてください。

WP Smushの設定を行う

WordPress管理画面の[メディア] > [WP Smush]でWP Smushのダッシュボードにアクセスできます。

WP Smush ダッシュボード
WP Smush ダッシュボード

このダッシュボード画面から、画像をまとめて圧縮したり、各種設定を行ったり、現在の圧縮状況を確認したりすることができます。

WP Smush 設定
WP Smush 設定

ダッシュボードの中頃に設定項目があります。好みに応じて設定を行います。

  • Automatically smush my images on upload(画像をアップロード時に自動で圧縮する)
  • Preserve image EXIF data(画像のEXIFデータを保存する)
  • Resize original images(元画像のサイズを変更する)

画像をアップロード時に自動で圧縮するように設定することで、圧縮するのを忘れるといったことは無くなりますが、アップロードに多少の時間がかかるようになるので、あとでまとめて圧縮する形でもいいかもしれませんね。

WP Smushで画像を圧縮する

WP Smush 画像を圧縮
WP Smush 画像を圧縮

WP Smushダッシュボード上の[BULK SMUSH NOW]のボタンをクリックすると、これまでアップロードされていた画像ファイルの圧縮が始まります。無料版では、まとめて一度に圧縮できる数は50までとなっていますが、50ファイル圧縮終了後に再度ボタンを押せば、また続きから圧縮を行うことができます。

これまで大量に画像をアップしていた人にとっては50個ごとにボタンを押すのは大変ですが、どこまで圧縮したかを記憶してくれているので、毎日寝る前に押せばいつかは終わります。

また、リサイズ設定をしておくことで、縦横のピクセル数が大きいファイルをアップロードしたとしても、設定しておいたピクセル数に自動でリサイズしてくれます。ただし、それが有効なのはJPEGファイルのみのようで、PNGファイルなどはリサイズされないようです。

縦横のピクセル数が大きいPNGファイルといえばデスクトップ全体のスクリーンショットが思い浮かびますが、各ウインドウ内をキャプチャする機会に比べて圧倒的に少ないと思われるので、必要な場合にはWordpressの画像編集機能からもリサイズできるので、特に問題はないかと思います。

まとめ

画像圧縮とリサイズ機能が搭載されたひとつで二役の機能を持った便利なプラグインなので、画像の軽量化をまだ実施していなかった方は、ウェブサイトのパフォーマンス改善、SEO強化を狙って利用してみてはいかがでしょうか。

 

WP Smushのレビュー
デザイン性
機能性
効率性
操作性
他言語対応
Summary
プラグインダッシュボード画面のデザインも良く、尚且つ画像の圧縮とリサイズが同時に行えるのがすごく便利。できればJPEG画像だけではなく、PNG画像のリサイズも行えたら満点ですね。
73 %
GOOD!!
Load More Related Articles
Load More By kenc0224
Load More In プラグイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Split Screen:ウインドウを左右ぴったりに並べられるMacアプリ

ウインドウを左右50%ずつの大きさでぴったりフィットした状態に並べることができるMacアプリ、「Split Screen」が840円→480円のセール中となっています! Split…