福島県白河市といえば、らーめん好きの間では「白河ラーメン」が有名なのですが、恥ずかしながらつい最近まで知りませんでした。今回白河に行ったのも、震災後やっと中が見学できるようになった「白河小峰城」を見たかったからなのですが、その帰りに立ち寄った「とら食堂」の手打ち中華そばが美味しすぎでしたので、白河小峰城と共にご紹介します。

白河小峰城とは

白河小峰城 – Wikipedia

天正18年( 1590年)、城主の 白河結城氏が 豊臣秀吉の 奥州仕置により 改易されるとこの地は会津領となり、 蒲生氏、続いて 上杉氏、再度蒲生氏が支配したが、 寛永4年( 1627年)に 丹羽長重が10万石で 棚倉城( 福島県 棚倉町)から移封されると、幕命により寛永6年( 1629年)より城郭の大改築に着手、3年の歳月を費やして寛永9年( 1632年 )に完成した。

福島県白河市にあった城で、国の史跡に指定されているほか、日本100名城にも数えられているお城ですね。東日本大震災により石垣などが崩壊したため、暫くの間本丸などが立入禁止となっていたのですが、平成27年4月19日一部工事が終了し、本丸御殿跡や三重櫓が見学ができるようになったのです。

いざ白河小峰城へ

白河小峰城の石垣 -1-
白河小峰城の石垣 -1-
白河小峰城の石垣 -2-
白河小峰城の石垣 -2-

これらの石垣も一部崩壊してしまったらしいのですが、三重櫓や本丸御殿跡へ続く部分は修復が完了していました。すべての修復が完了するには、もう暫く掛かるようですね。

城山公園内の落ち葉の絨毯 -1-
城山公園内の落ち葉の絨毯 -1-
城山公園内の落ち葉の絨毯 -2-
城山公園内の落ち葉の絨毯 -2-

紅葉が終わって地面に落ちた葉っぱで、足元がふかふかでした。真っ赤な葉っぱも結構落ちていて、綺麗でしたね。

本丸へと続く石垣と階段
本丸へと続く石垣と階段
本丸から城下を眺める
本丸から城下を眺める

石垣の間を通っている階段を抜け、本丸御殿跡まで登ってきました。まずは城下を一望してみます。春にももう一度来たいところです。で、ここから後ろを振り返ると…。

白河小峰城・三重櫓
白河小峰城・三重櫓

震災でずっと見ることができませんでしたが、やっと間近で見ることができました。それにしても、「八重の桜」放送時に見学ができなかったのは残念でしたね。早速中に入っていきます!

白河小峰城・三重櫓内部
白河小峰城・三重櫓内部

白河小峰城・三重櫓は戊辰戦争時に大半が消失してしまったのですが、平成3年に復元されて今に至ります。ビックリしたのは、全て木造での復元だったんですね。

戊辰戦争の際、打ち込まれた鉄砲玉の跡
戊辰戦争の際、打ち込まれた鉄砲玉の跡
杉材と弾痕
杉材と弾痕

戊辰戦争の折、戦場に生えていた老杉にも鉛玉が当たり、たまたま三重櫓の復元が決まってこの老杉を木材として使用することになった際、中から当時の鉛玉が数多く検出されたんだとか。その木材をそのまま利用したので、城内の一部には写真のような弾痕が所々にあるというわけです。

狭間(さま)
狭間(さま)

挾間を見るたびに、弓矢か銃で打ってみたくなる衝動にかられますが、妄想するだけに留めておきます。実際にやっちゃいけません。

白河小峰城・前御門
白河小峰城・前御門

木造建築で復元した城は珍しいので、もっとゆっくり見たかったのですが、そろそろ日が暮れてきたので「とら食堂」さんに向かうことにしました。「とら食堂」さんへは、白河小峰城から車で15分前後で到着するようです。

続いてとら食堂へ

手打ち中華そば とら食堂
手打ち中華そば とら食堂

この時期は日が暮れるのが早いですね。到着する頃にはすっかり暗くなってしまいました。入り口には営業時間が掲げてあり、定休日は月曜日、それ以外の日は昼間と夕方に開いているようです。店の駐車場に到着した時点で車は一台しか停まっていなかったのに、続々と他県ナンバーの車が入ってきました。さすが人気店ですね。ただ、昼間はもっと凄い事になるそうなので、狙い目は夕方かもしれません。

とら食堂のお品書き

とら食堂 お品書き
とら食堂 お品書き
  • 手打中華そば
  • 手打中華そば(小)
  • 焼豚チャーシュー
  • ワンタン麺
  • 焼豚チャーシューワンタン麺
  • つけ麺(冷・温)
  • 半熟煮玉子
  • 大盛り

全部入りにするか、バランスの良い手打中華そばにするか、悩みますねぇ。

手打中華そばが運ばれてきた!

とら食堂 手打中華そば
とら食堂 手打中華そば

注文して待つこと約十分、中華そばが運ばれてきました!綺麗に透き通ったスープに縮れ麺、彩りを豊かにしている具材たち、見た目だけで美味しそうって感じてきますよね。

手打中華そば 縮れ麺
手打中華そば 縮れ麺

ただ縮れているというより、太いとこと細いとこが絶妙に連なっている感じがします。これが独特の食感につながっているんでしょうね。

手打中華そば スープ
手打中華そば スープ
トッピングの半熟煮玉子
トッピングの半熟煮玉子

もう写真撮ってる場合じゃないっていうくらい「美味しい」の一言ですよ。ただひたすら「美味しい!」か「んまっ!」しか言葉が出てきませんでした。わざわざ高速使って来ただけの甲斐がありましたねぇ。これは、近いうちにまた来ることになりそうです。

白河小峰城ととら食堂の場所はこちら

白河小峰城

37.1327455,140.2137659

No Description

とら食堂

37.1127201,140.2581871

No Description

白河小峰城も、白河ラーメンのとら食堂も、まだの方はぜひ行ってみてください。かなりオススメでしたよ。

Load More Related Articles
Load More By kenc0224
Load More In 行ってみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Split Screen:ウインドウを左右ぴったりに並べられるMacアプリ

ウインドウを左右50%ずつの大きさでぴったりフィットした状態に並べることができるMacアプリ、「Split Screen」が840円→480円のセール中となっています! Split…