新ポリウレタン素材の洗って繰り返し使え、花粉捕集率99%なのに通気性抜群という、噂のPITTA MASK(ピッタ・マスク)を試してみたので、良かった面・悪かった面をご紹介したいと思います。

新ポリウレタン素材で、花粉の侵入を徹底ガード。PITTA MASK(ピッタ・マスク)|株式会社アラクス

中学の頃から花粉症に悩まされ、春になると藁にもすがる思いで花粉症対策グッズを買い漁り、その度に騙されてきただけに、マスクに関しては非常にうるさい方だと思います。どうして各メーカーは、こうも毎年花粉症患者を騙すようなマスクを作り続けるのだろうか、もういっそ自分でマスクを自作しようか、そんなことばかり考えていましたから。

毎年様々なマスクが販売されていますが、マスク生地そのものは花粉をある程度防いではくれるものの、隙間が不十分であったり、眼鏡がくもったり、毎日使うには価格が割高だったり、耳が痛くなったり、マスクの隙間から漏れる息の湿気で前髪がクルンとなったり、「これだっ!」と言えるマスクには出会えませんでした。

そうやって毎年あれでもないこれでもないと、新商品を試してはがっかりしていた日々でしたが、花粉症用のマスクではないものの、一番防いでくれるマスクを見つけました。それがホームセンターなどで販売されている、使い捨ての防塵マスクです。

粉塵が多い工事現場などで使用しているアレですね。当時、外での仕事をしていたので、見た目よりも確実に花粉を防いでくれるものが必要で、いろんなものを試しまくってたどり着いたのがこのマスクでした。マスクの外周が確実に顔にフィットするので隙間ができず、口元の空間が空いているのでべたつかない、強度があるのでしばらくの間使える、低価格というメリットがありました。

もちろんいいことばかりではなく、長時間つけていると耳が痛くなる、マスクの外周(顔に触れる部分)が汗で黒ずんでくる、水洗いすると繊維が水分で目詰まりして乾くまで使えない、そして何より、着用中は現場作業でもしているかのような見た目になってしまうといったデメリットもありました(それでも、今でも花粉を一番防いでくれるのは、このタイプだと思っています)。

その後、室内での仕事に変わったため、多少マスクに隙間ができたとしてもある程度は我慢できるようになったため、通常タイプのマスクを探す旅がまた始まりました。それでも花粉症が騒がれるようになってから20年以上にもなるというのに、理想のマスクには出会えませんでした。

ところが、2013年頃でしょうか。イオン内のドラッグストアで見つけた横山製薬の「ウイルススナイパーマスク」という、30枚入りで確か数百円というリーズナブルなマスクを見つけました。よくありがちな不織布のマスクだったのですが、安いし今年はこれで乗り切ればいいやくらいの軽い気持ちで購入したのですが、これが非常に出来が良く、とても素晴らしいマスクだったのです。

マスクは毎日使うものだけに、いくら性能が良くても1枚何百円もするのでは、春の数ヶ月の間出費が大き過ぎます。これは1箱30枚入りで数百円とリーズナブルでお財布にも優しい。そして耳も痛くならず、何より不織布裁断によるマスク形状が絶妙で、隙間がほとんどできないため花粉をかなり防いでくれる、各種サイズが揃っているなど、もう花粉症用マスクはこれでいいんじゃないかという結論に達しました。

あまりにも気に入ったため、次回同じお店に行った時に数箱まとめ買いしてストックしておいたのですが、翌年も買いに行ったら、なんともう生産してないとのこと。あんなに性能も良くリーズナブルなマスクがもう生産中止だなんて……。ほんとショックでしたね。

そんなわけで、またマスク探しの旅に出ることになったのですが、そこで見つけたのが本題のPITTA MASK(ピッタ・マスク)です。このPITTA MASK(ピッタ・マスク)の特徴は、新ポリウレタン素材を使用していて、一般の不織布マスクとは触った感じがまるで違います。

洗車用のスポンジのような、あんな肌触りを思い浮かべてもらえるとわかりやすいかもしれません。そのため、1.5mm~2mmほどの厚みがあってふわふわした弾力があり、摩擦力が結構あります。この新素材を使ったポーラスフィルター技術による立体網目構造を実現したことにより、花粉捕集率99%を実現したそうなんです。そこまではよくありがちな話なんですが、花粉を通さないのに通気性が抜群に高いんです。

そのため息がしやすいばかりではなく、マスクの外周の隙間から息が漏れることも少なく眼鏡がくもりにくかったり、マスクの内側の湿気によるベタつき感が少なく、非常に快適にマスクを着用できるといった特徴があります。息がしやすいといった特徴はホームページ上で知っていたのですが、それによるベタつき感の低減は非常に心地いいですね。

そして顔の凸凹にもフィットする形状のため隙間からの花粉の侵入が少なく、長時間つけていても耳が痛くならない優しいつけ心地、そして何と言っても3回洗っても花粉捕集率99%を保つという経済性がポイントですね。やはり、春の1シーズン使うものなので、いくら性能が良くても毎日付け替えでは財布が寂しくなりますからね。

もちろんいい面ばかりではなく、デメリットも存在します。アマゾンのレビューでも多くの人が絶賛する一方で、気になる点としてあげているのが臭いの問題と変色ですね。最初パッケージを開封してマスクを着用すると、素材特有の匂いを感じるんですね。「クサっ!」というほどではないのですが、「なんか匂いするなぁ」といった感じなんです。個人的には全然我慢できるレベルなのですが、気になる人は気になるかもしれません。

とは言っても、マスクを着用してしばらくすると感じなくなってくるのは確かですし、洗って三日目のマスクからは匂いが感じられないので、しばらくすると消えるものなんだと思います。

また、変色の問題ですが、マスク全体が黄色味がかってくるというか、クリーム色っぽく変色してきます。一部の洗剤を使用すると変色するといったレビューもありましたが、室内で着用1日目から変色は始まるようです。はじめからこの色なら違和感はないのかもしれませんが、最初は白いだけに違和感を感じる人は多いかもしれませんね。

この件に関しては、どうしても気になるようであれば、白ではなくグレーを選択するのもひとつの手かもしれません。職場で利用するにはちょっと勇気が要りますが、その辺がクリアできるのであれば断然グレーでしょうね。

そんなわけで、現時点では、機能性、経済性に関して申し分ない、まさに次世代のマスクといった感じに仕上がっているマスクです。変色、臭いの件はあるものの、機能性としては全く問題がないので、その辺が気にならない方であれば、買って損はないマスクであると言えます。

花粉症でお悩みの方、着用するマスクでお悩みの方は、「PITTA MASK」を一度試してみてはいかがでしょうか。

Load More Related Articles
Load More By kenc0224
Load More In 試してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Split Screen:ウインドウを左右ぴったりに並べられるMacアプリ

ウインドウを左右50%ずつの大きさでぴったりフィットした状態に並べることができるMacアプリ、「Split Screen」が840円→480円のセール中となっています! Split…