ワードプレスでブログ記事を作成する時に、アプリやアルバムへのリンクを作成してくれるプラグインというのが結構出ています。ただ、どうも相性が悪いのか、エラーが出て動かなかったり、見た目が好みじゃなかったりして、しっくり来るのがありませんでした。

そこで、有料のやつだったらもしかしていいのがあるかも!?と思い、CodeCanyonまで探しに出かけてやっと見つけました。それが「iTunes Shortcode – WordPress Plugin」です。早速導入してみたので、ご紹介します。

プラグインを購入する

WordPress iTunes Shortcode

iTunes Shortcodeは、PHG(Performance Horizon Group)iTunesアフィリエイトプログラム対応のWordPressプラグインです(有料)。購入するには、まずiTunes Shortcodeの売り場へ行き、Add to Cartか、Buy Nowをクリックします。$14ですかー、今だと1,700円弱ですかね。会員登録を済ませ、サクッとダウンロードします。英語ですが、そこはGoogle先生に相談しつつ気合で。ネットで買物をしたことがあれば、特に難しい所はありません。

Downloads   CodeCanyon

ダウンロードするときは、[Installable WordPress file only]を選ぶと、そのままアップロードできて便利です。プラグインのバックアップとしては、その上の全部入りを保存しておくと良いでしょう。全部入りには、マニュアル類も付属しています。

iTunes Shortcodeプラグインをインストールする

[プラグイン]→[新規追加]→[プラグインのアップロード]で、ダウンロードしたプラグインをアップロードし、[有効化]させます。

iTunes Shortcodeの設定を行う

ワードプレス管理画面の左側メニューに、iTunes Shortcodeの項目が現れるのでクリックして開きます。各項目の意味は下記のようになります。

General Settings[一般設定]

iTunes Shortcode General Settings

  • Country Code[国コード]:日本であればJPで問題無いですが、The full list of codes you can find here.のリンクから国コードの全リストを見ることが出来るので、必要な場合それを見て入力します。
  • Affiliate Token[アフィリエイトトークン]:iTunes PHG Affiliateをやっている場合は、ここにトークンを入力します。やっていない場合は未入力で。
  • Load…[ロード]:ワードプレスのテーマによっては、このプラグインがうまく動作しないものもあります(すでにテーマ側で、そのチェックボックスが付いたライブラリーを読み込んでいる場合など)。その場合チェックを外すことで干渉を防ぎます。
  • Title Lenght[タイトルの長さ]:アプリによっては妙に長い名前のものがありますが、ここで文字数を指定すると、その長さでカットしてくれます。
  • Date style[日付スタイル]:[年-月-日]にするか[日-月-年]にするかを選べます。

iTunes Shortcode General Settings

  • Custom CSS[カスタムCSS]:スタイルシートがわかる人であれば、ここに入力することでデザインをカスタマイズすることが出来ます。色分けされるので非常に使いやすいです。
  • Cache update interval[キャッシュの更新間隔]:自分のブログにキャッシュされるiTunes Storeの情報の更新間隔を指定できます。推奨値は初期値の12時間なので、このままで。

Import / Export[インポート / エクスポート]

設定内容をインポートしたり、エクスポートしたり出来ます。特に難しいところはないので、ここは省略します。

リンクを作成してみる

リンクを作成したいアプリ等を、iTunesかブラウザで開きます。今回は試しに「大辞林」で作成してみたいと思います。

iTunesで右クリック

iTunesであれば、アプリアイコンを右クリックして[リンクをコピー]を選びます。

ブラウザでアドレスをコピー

ブラウザからであれば、アドレスバーからアドレスをコピーします。

ワードプレスの記事に貼り付け

コピーしたリンクを、ワードプレスの記事投稿エリアに貼り付けます。実際に必要な部分は赤枠の数字部分だけなので、そこだけ再度コピーするか、数字部分以外は消去します。

Shortcode入力

続いて上記のように、[(半角大括弧)appstore id=先ほどの数字](半角大括弧閉じ)を入れて記入します。ビジュアルエディタでもテキストエディタでもOKです。その状態でプレビューしてみると…。

アプリリンク完成

[appstore id=299029654]

このような感じで表示されます。レスポンシブデザインとなっているので、スマホで見た場合でもちゃんと見ることが出来ます(いくつかの項目は非表示)。アプリリンクの場合、[Info]をクリックでアプリの説明を、[Gallery]をクリックでスクリーンショットを見ることが出来ます。スマホ用のアプリの場合は、QR codeを読みとることも出来ます。

アルバムリンク完成

[itunesmusic id=569886640]

楽曲へのリンクの場合は、[show list]をクリックで、収録曲のリストが見られます。

iBooksリンク完成

[ibookstore id=919816716] 書籍の場合は、[Description]をクリックで、解説やあらすじなどが表示されます。

※現在、無料で高機能のプラグインがリリースされたため、このプラグインは利用停止しています。そのためサンプルは表示されていません。サンプルは配布先のブログをご覧ください。

まとめ

さすが有料プラグインだけあって、綺麗なデザインのiTunesリンクが作れますね。スタイルシートで好みのデザインに変更することもできるし、スマホ対応でもあります。言語ファイルを用意することで、表示を日本語にも出来ます。

ですが、実は当初このプラグインを導入した時、海外製のテーマやプラグインによくある、タイトルの末尾に謎のはてなマークの文字化けがありました。サポートにその旨伝えた所、直ぐ様アップデートで対応してもらったんです。また、以前使っていた有料のテーマで使用すると、説明書きのポップアップもうまく動作しなかったのですが、それも本来はテーマ側の問題であるにも関わらず、対応してもらって動作するようになりました。さすがMUUteam!

一つ要望があるとすれば、投稿画面から直接アプリを検索して、そのまま記事内に出力できれば更に良くなりますね。実際そういうプラグインもありますから。期待してます、MUUteam!

ダウンロードはこちらから

iTunes Shortcode – WordPress Plugin

Load More Related Articles
Load More By kenc0224
Load More In プラグイン

One Comment

  1. […] 先日、WordPressでアプリをサクっと紹介できる有料プラグインの記事を書いたばかりですが、無料でそれ以上の機能を持ったプラグインがありました。リリース自体は2012年辺りのようで、 […]

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

CloudMounter:クラウドストレージを外付けディスクのように扱えるMacアプリ

クラウドストレージを外付けディスクのように扱うことができるMacアプリ、「CloudMounter」が3,600円→240円のセール中となっています! クラウドストーリッジをネット…