いや〜、暑いですねぇ…。こう暑いと手のひらも汗ばんで、Touch IDによるiPhoneのロック解除がすんなり行かないことが増えてきませんか?冬は冬で、手のひらが乾燥してロック解除出来ないことが増えますが…。

そんな時に、手軽に認識率の向上ができる方法として、「Touch ID設定の画面で、以前登録した指をポンポンと乗せるだけで認識率を向上をさせることができる」という技があるのですが、まだまだ知らない方も多いみたいなので、改めてまとめてみようかと思います。

と、その前に、この裏技的な方法は誰が最初に見つけたんだろう?と思って海外サイトを探してみたんですが、見つけられませんでした…。見つけられませんでしたが、下記の海外How Toサイトでまとめられている通り、確かな情報なんでしょうね。

How to Improve Touch ID Recognition in iOS 7 and 8

では、早速Touch IDの認識率向上のやり方、行ってみましょう!(ところで、このHow Toサイト、なかなか使えますね。サイトに埋め込みもできるみたい)

Touch IDの認識率を向上させるには?

[divide icon=”square”]
  1. iPhoneの設定をタップして開きます。
設定を開く
設定を開く
[divide icon=”square”]
  1. [Touch IDとパスコード]をタップします。
Touch IDとパスコード
Touch IDとパスコード
[divide icon=”square”]
  1. パスコードを求められるので入力します。
パスコードを入力
パスコードを入力
[divide icon=”square”]
  1. 指紋を登録済みの指で、ホームボタンを何回かタップします。
    うまく認識されると、以前登録した指紋の登録名がグレーに光り、現在の指のコンディションに基づいた学習が行われます。
登録済みの指で再タップ
登録済みの指で再タップ
[divide icon=”square”]
  1. 別の指も同様に再タップします。繰り返しタップすることで、より精度が上がります。
別の指でも再タップ
別の指でも再タップ
[divide icon=”square”]

まとめ

ホームボタンをタップするときは、登録時と同じように少しずらしながらタップするといいようです。また、ある程度の回数タップしたほうがより効果的だそうです。

確かにこれで再学習というか、追加学習というか、リフレッシュというか、してやると指紋認証がうまく行かなかったのが解消されたりしますね。極端に汗をかく時期、極端に手が乾燥する時期などは、この技を利用するといいようです。

Touch IDが登場したばかりの時は、同じ指を複数の場所に登録したほうがいいという話もありましたが、認識率が落ちたと感じた場合には、この方法で学習させたほうが良さそうですね。また、その際にはホームボタンを綺麗にフキフキするのも忘れずに。

Load More Related Articles
Load More By kenc0224
  • Apple Musicで曲をあらかじめダウンロードしておくには?

    Apple Musicで曲をあらかじめダウンロードしておくには?

    様々な楽曲が定額で聴き放題になるApple Musicですが、基本的にはストリーミングで利用する形となります。再生する時にダウンロードしながら再生するという感じですね。 自宅のWi…
Load More In 便利ワザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Split Screen:ウインドウを左右ぴったりに並べられるMacアプリ

ウインドウを左右50%ずつの大きさでぴったりフィットした状態に並べることができるMacアプリ、「Split Screen」が840円→480円のセール中となっています! Split…