先日、Hipstamaticがバージョンアップされ、304として登場しました。一番の目玉は、おそらく反発が相当あったと思われる「撮影後の画像編集機能」および「プロカメラモード」らを、オフにすることができる「Classic lock」機能の追加でしょうか。これは、予め設定で「LOCK_CLASSIC_MODE」をオンにしておくと、カメラモード切替ボタンがロック(アイコンも鍵マークとなる)され、プロカメラモードや画像編集モードへの切り替えができなくなるというものです。

LOCK_CLASSIC_MODE
設定 > Hipstamatic > LOCK_CLASSIC_MODE

これでClassic Lockをオンにしておけば、以前のHipstamatic 200と同様の使い勝手に戻ったことにはなるのですが、果たして評価がガタ落ちしてしまったApp Storeでのレビューは元に戻るのか気になるところです(評価が落ちた原因は、Hipstamatic 300リリース当初の不安定さもあったとは思いますが)。

因みに、この機能は使い勝手を考慮してか、Classic Lock後にカメラ切り替えボタンを押すと、この機能の説明および設定へのリンクボタン、OKボタンが表示されるようになっています。

今回の主なアップデートの内容は以下のとおりです。

Hipstamatic 200 ライブラリのエクスポート
Hipstamatic 200 ライブラリのエクスポート

 

  • 新機能の「Classic Lock」は、以前のHipstamatic 200のように撮影のみを行い、編集モードとプロカメラモードを無効にします。
  • 300のフォトライブラリに、以前の200で撮影した写真を移行させるエクスポート機能の追加。
  • iPhone6 Plusと6Sであった不安定動作およびクラッシュするバグを修正。
  • SNSへのシェアの際に、縦横比が誤って投稿されていた問題の修正。
  • 編集モードの最適化。
  • その他のバグ修正と改善いろいろ。

300リリース当初は落ちまくって使い物にならなくなっていましたが、最近はそのようなこともだいぶ減り、以前のような使い勝手に戻りつつありますね。それでも、これだけ増えてしまったレンズやフィルムを、いかにストレスなく選択できるようにさせるかなど、まだまだ課題は多そうですが、今後のアップデートに期待したいと思います。

Load More Related Articles
Load More By kenc0224
Load More In Hipstamatic ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

CloudMounter:クラウドストレージを外付けディスクのように扱えるMacアプリ

クラウドストレージを外付けディスクのように扱うことができるMacアプリ、「CloudMounter」が3,600円→240円のセール中となっています! クラウドストーリッジをネット…