WordPressを使用していて、以前使用していたプラグインの使用を停止した、あるいはタイプミスでショートコードを入力してしまった場合など、投稿画面で入力したショートコードが、実際の記事中にそのまま表示されてしまいます。そんな時にそれらを非表示にできるプラグインがHide Broken Shortcodesです。

使い方は特になく、プラグインを有効化するだけで、無効になっているショートコードが非表示となります。本来はすべて消去してしまえばいいんでしょうけど、時間がなく、とりあえず非表示にしたい場合なんかに便利かもしれませんね。

ダウンロードは以下のリンクからどうぞ。

Hide Broken Shortcodes
Hide Broken Shortcodes
Developer: Scott Reilly
Price: Free
Load More Related Articles
Load More By kenc0224
Load More In プラグイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Split Screen:ウインドウを左右ぴったりに並べられるMacアプリ

ウインドウを左右50%ずつの大きさでぴったりフィットした状態に並べることができるMacアプリ、「Split Screen」が840円→480円のセール中となっています! Split…